治療方法

薬

医療福祉という単語はあまり聞き慣れない物だと思います。
医療福祉という単語の意味は、健康問題の解決を図る医療と、生活問題の解決を図る福祉、この2つの複合単語です。
つまり、医療目的と生活をよくする福祉の2つをさすことです。
例としては、介護があげられます。
介護というのは自分で身の回りのできないお年寄りや身体障害者などが他の人から身の回りの生活を手助けしてもらう事、という認識であると思います。
しかし、介護というのは医療福祉であるので、実際に病気や怪我、障害などの治療も同時に行っていく必要があります。
今回の記事ではがんについて取り扱っていきます。
次の項でも説明しますが、がんは遺伝子に以上が起こり、悪性の細胞が増殖していく病気です。
治療には手術を要することが多く、病後にも生活に支障が出てくることがあります。

先程も述べましたとおり、がんの治療、つまり医療方面では多くの方が手術を行います。
そして、それと同時に化学療法を行うことも多いです。
有名なのが抗がん剤ですね。
手術ではがん細胞を物理的に取り除く事ができますが、目に見えない細胞がのことっていることがあります。
その目に見えない部分を取り除くのが抗がん剤です。
これが医療福祉の医療の部分です。
そして、病後は多くの方に身体的な能力の低下が見られます。
病気そのものによる内蔵機能の低下から見られる者や、薬の副作用で正常な部分も傷つけられてしまう部分もあるからです。
そうした患者のQOLを向上させるために、福祉としてはリハビリテーションを行っています。
そのようにして、社会復帰を目指す、それが福祉の方面です。

ピックアップ

  • 症状の理解

    乳がんの症状は一番気づきやすいもので乳房のしこりがあります。他にも皮膚の変化やリンパ節の腫れがあるので、気になったときは乳がん検診を受けることで症状が発覚します。

  • 治療方法

    医療福祉センターなどで乳がん検診を受けることで乳がんになっているかどうかの判断ができます。乳がんの治療では化学療法や外科的手術、ホルモン療法などが行われています。

  • 検査をする

    乳がん検診をするときには専門機関で機械を使うことにより精密な検査ができます。検査では専門医による直接の視触診や、X線検査や超音波検査などを行って症状の判断を行っていきます。

  • 症状の現れ方

    乳がんの症状はほとんど痛みがないので気づきにくいです。乳がんの症状によっては分泌液が出ることもあり、また皮膚のただれを引き起こすこともあります。そうした症状があるときはすぐに乳がん検診をする必要があります。