症状の理解

診断中の女性患者

がんになると、仕事やお金の面、治療の面や保険の申請法など様々な問題が浮上します。
そのようなときに、相談する場合には医療福祉センターが良いです。
なぜなら、友人や家族では専門的な知識に乏しいため解決策が見出せないことが多く、病院などの医療施設では相談できるまでに時間を要することが多い上、金銭的な問題など対応することが難しいことがあるためです。
医療福祉センターでは、このような問題を抱えている人の相談に応じてくれるので安心です。
また、最近ではセカンドオピニオンといって、別の医療機関の医師に今の治療法で良いかなどを相談する人も少なくありませんが、医療福祉センターではそのような相談にも乗ってくれることが多いです。

医療福祉センターでは、このようにがんで悩む人の様々な問題に対応していますが、注意しておきたいことがいくつかあります。
それは、医療福祉センターでもすべての問題を解決できるわけではないということです。
例えば、お金が足りないのでがんの治療できないといった問題が浮上した際、医療福祉センターがお金を支払ってくれるわけではありません。
加入している保険があればそこに問い合わせてみるよう勧めたり、友人や家族など頼れる人はいないかなど、問題を解決する糸口を探すというお手伝いをします。
このように相談では、がんを患って困っている人が自分で解決できるように、使える社会資源を紹介したり、自分では気づかなかった解決法を提示することで解決へと導きます。

ピックアップ

  • 症状の理解

    乳がんの症状は一番気づきやすいもので乳房のしこりがあります。他にも皮膚の変化やリンパ節の腫れがあるので、気になったときは乳がん検診を受けることで症状が発覚します。

  • 治療方法

    医療福祉センターなどで乳がん検診を受けることで乳がんになっているかどうかの判断ができます。乳がんの治療では化学療法や外科的手術、ホルモン療法などが行われています。

  • 検査をする

    乳がん検診をするときには専門機関で機械を使うことにより精密な検査ができます。検査では専門医による直接の視触診や、X線検査や超音波検査などを行って症状の判断を行っていきます。

  • 症状の現れ方

    乳がんの症状はほとんど痛みがないので気づきにくいです。乳がんの症状によっては分泌液が出ることもあり、また皮膚のただれを引き起こすこともあります。そうした症状があるときはすぐに乳がん検診をする必要があります。