検査をする

孫のお見舞い

最近は、がんの早期発見や早期治療の必要が叫ばれています。
現在がんは、早い段階で発見出来れば完治が見込めることも少なくないとされているのです。
がんがまだ小さいうちに発見することが出来た場合、治療の選択肢は増えます。
胃や大腸、子宮頸部などの場合には内視鏡による手術が可能となり、体の負担を減らすことも出来るのです。
がん細胞がリンパや血液内に広がると転移の可能性も大きくなります。
病気を早期に発見出来れば、治療する上でも多少のゆとりが生まれます。
そのため、複数の病院を訪ねてベストな治療法を考えることも可能となるのです。
この病気は進行すると治療にも困難が伴います。
定期的な検査を受けるなど一定の対策をすることで、後に得られるメリットも遥かに大きくなるのです。

早い段階で発見されたがんの場合には、外科的な処置で病巣を取り除くことが可能となります。
基底層を超えていなければ取り除く範囲も小さくて済み、一般的には転移の可能性も少なくなります。
そのため、早期の治療では手術などを行なうことが多いのです。
部位や病巣の状態によっては、開腹手術ではなく、より負担の少ない内視鏡などの器具を用いて手術を行ないます。
こうした方法を選択すれば日帰りで病気を治すことも現在では可能となるのです。
早期の乳がんの場合には、病巣のみを切除する乳房温存療法がとられることも最近では珍しくありません。
肉体的な負担や精神的なショックを軽減することが出来るため、こうした方法を選択する医師や患者も多いのです。

ピックアップ

  • 症状の理解

    乳がんの症状は一番気づきやすいもので乳房のしこりがあります。他にも皮膚の変化やリンパ節の腫れがあるので、気になったときは乳がん検診を受けることで症状が発覚します。

  • 治療方法

    医療福祉センターなどで乳がん検診を受けることで乳がんになっているかどうかの判断ができます。乳がんの治療では化学療法や外科的手術、ホルモン療法などが行われています。

  • 検査をする

    乳がん検診をするときには専門機関で機械を使うことにより精密な検査ができます。検査では専門医による直接の視触診や、X線検査や超音波検査などを行って症状の判断を行っていきます。

  • 症状の現れ方

    乳がんの症状はほとんど痛みがないので気づきにくいです。乳がんの症状によっては分泌液が出ることもあり、また皮膚のただれを引き起こすこともあります。そうした症状があるときはすぐに乳がん検診をする必要があります。