医療を受けているお年寄り

病気を特定する

診断中の男性医師

世田谷区で透析をするならこちらへどうぞ。在宅訪問も可能です。都合に合わせて利用できることが嬉しいですね!

近年では乳がん患者が増えており、初期症状に気づかず症状が悪化してしまうケースも多くなっています。
乳がんになるとしこりがあるので触ればすぐに違和感がありますが、普段の生活であまり触ることはないはずです。
高齢者だけではなく現在では若い人にも乳がんの人が増えてきているので、女性にとっては無視することができない問題です。
どのがんにも言えることですが、早期発見をすることによって90パーセント以上の確率で治療をすることができます。
女性は誰にでも乳がんになる可能性があるため、医療福祉センターなどで乳がん検診を行なえば早期発見ができます。
普段から乳がんに気をつけていることで小さなしこりでも見つけることができます。
毎日お風呂へ入るときに胸を触ることや鏡で両方の胸を確認することで、自分自身で気づくことも可能です

乳房にできる悪性腫瘍は、状態が進んでしまうと乳房を手術で切除しなければならなくなります。
女性にとって乳房が無くなることは大きな問題です。
またその状態を放置することで胸の近くにある臓器などに腫瘍が転移してしまうことがあります。
最悪な状況にならないためには医療福祉センターで乳がん検診を受けることが大切です。
乳がんのできやすい場所は全体に及ぶものでは確率が低く、外側上方だと高確率で腫瘍が発生します。
その次に多いのは内側上方ですが、他にも乳首や内側下方、外側下方なども確率的にはなりやすい部分なので注意が必要です。

診断中の女性患者

症状の理解

乳がんの症状は一番気づきやすいもので乳房のしこりがあります。他にも皮膚の変化やリンパ節の腫れがあるので、気になったときは乳がん検診を受けることで症状が発覚します。

Learn more

薬

治療方法

医療福祉センターなどで乳がん検診を受けることで乳がんになっているかどうかの判断ができます。乳がんの治療では化学療法や外科的手術、ホルモン療法などが行われています。

Learn more

孫のお見舞い

検査をする

乳がん検診をするときには専門機関で機械を使うことにより精密な検査ができます。検査では専門医による直接の視触診や、X線検査や超音波検査などを行って症状の判断を行っていきます。

Learn more

ピンクリボン

症状の現れ方

乳がんの症状はほとんど痛みがないので気づきにくいです。乳がんの症状によっては分泌液が出ることもあり、また皮膚のただれを引き起こすこともあります。そうした症状があるときはすぐに乳がん検診をする必要があります。

Learn more

オススメリンク

もしもの時は癌が転移しないようにしっかりと知識を身につけておきましょう。最低限の部位で治してしまえるのが一番です。